2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

Twitter

  • Twitter

« 余生を見守るという事と、それなりの覚悟も・・・ | トップページ | 居座る最後の砦!? »

2015年5月21日 (木)

初夏の風に乗って空に羽ばたく

5月20日午後4時50分、ドロシーちゃんは天国に旅立ちました。

一週間前に獣医さんからは、これ以上の治療は何もしてあげられないです。苦しみが酷い場合は安楽死の選択も・・・との助言をしてくれました。

あの日から日々病状が悪化して息をするのも苦しそうで、痛みに耐えているのか目からは涙が流れておりました。

家では、安楽死の言葉は禁句となってました。神様がお迎えに来られるまでは人の手を汚すことなく自然体でお別れをすると暗黙の了解をしておりました。

虹の橋は無事に渡れましたか?

1
ドロシーちゃんのいない空間は。。。ただただ虚しいだけです。

2

安らかな表情で眠りについたドロシーちゃんとご対面したてんちゃんは、いつもと違う雰囲気を敏感に感じとって近づくのを敬遠して、お別れのチューもいたしませんでした。

3

ドロシーちゃんは猫パラダイスの大物女優様ですので闘病中のお写真は家族だけの大事な思い出として残してあげることにいたします。

苦しみから解放されて安らかな表情は凛として美しい顔になっておられます。

大女優様は。。。

華やかなおしゃれ小物を身に付けて天国へと旅立ったのですよ。

4


ハッピーのパパ様club

舞様club

あき様club

きいろひわ様club

優しさ溢れるつぶやきを頂きありがとうございます。

ドロシーちゃんの様子を見守るのを優先しておりましたのでお返事が出来ませんでした。

« 余生を見守るという事と、それなりの覚悟も・・・ | トップページ | 居座る最後の砦!? »

」カテゴリの記事

コメント

ドロシー姐さん、虹の橋を渡られたのですね!
てんこさんご家族に見守られて
心安らかに天国へ旅立ったれたのではないでしょうか…
心からお悔やみ申し上げます。

てんちゃんも寂しがってるでしょうね(。-_-。)
姐さんの存在は大きかったですもんね
ご家族の皆さんも、てんちゃんも元気に出して下さいね!

召されましたか ドロシーちゃんも幸せな一生だったんじゃないかな けれど姿が見えなくなるだけでずっと側に居ますよ 私はそう思います。そしていつまでもてんこさんご家族とてんちゃんとさのすけ君を見守ってくれると思いますよ。

ドロシーちゃん、苦しみから解放されたのですね。
何もしてあげられない辛さ.......を耐えられた
ご家族の皆様も、大変だったと思います。
自分自身に置き換えると、この様な悲しみに
どんな思いをするのか........
ここの所の記事には、心を動かされました。
ドロシーさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

奇跡を祈っておりましたが・・・・・。
家族を亡くす事ほど 辛いことはありません。
ドロシーちゃんは、ご家族の愛情に包まれて、
精一杯、頑張りました。
天に召され、今は苦しみも消え、輝くような
大空を 飛んでいる事でしょう。

てんこさん、本当に辛い日々でしたね。
てんちゃんも寂しいでしょうが、
ドロシーちゃんは、笑顔で見守ってくれていますよ。 きっと (=^・・^=)

ドロシー姉さんは、華やかな衣装をまとって旅立たれたのですね。旅先でも、今までと同じように楽しまれますよう、心より祈っています。
姉さんはこれからもてんこさん家族のそばにいてずっと見守っていると思います。

ご愁傷様です。

避けて通れないこととはいえ、家族を亡くすようなものだから、つらいですね。

きっと無事に虹の橋を渡ったのではないでしょうか。

お辛いでしょうに・・・こうしてお知らせくださった てんこさん。
今こうしてPCに向かっていても画面がかすんで見えにくくて困ります。
ドロシーちゃん虹の橋を渡ったのですね。
『苦しみから解放されて安らかな表情・・』の言葉に
少しホッとしつつ心からお悔やみ申し上げます。
最後のお写真、大物女優の貫禄shineとても美しいですよ。
てんちゃんのカーテン越しの姿にも胸が締め付けられる思いです。
ご家族皆様のお気持ちを考えただけでとても辛くなります。
ドロシーちゃん、ムービーではたくさん楽しませてくれてありがとう。
虹の橋のむこうでも、たくさんのお友達と仲良くね。

(涙) 虹の橋へ渡ってしまわれたのですね・・
てんこさんを想うととても辛いのですが
苦しみから解放され、たくさんの愛情と共に旅立たれたことでしょう。
最後のお写真は凛としていて、とても美しいです。
さすが大女優さんですね。

ドロシー姐さん、今までありがとう。
ゆっくりお休みください。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

虹の橋を渡るためには、
苦しい思いをしないといけないのかな、といつも思います。
でも、みんな、今は、金色の光あふれるところにいるんだろうな。
きっと幸せにしていると思います。
ドロシーちゃんも、その仲間入りをしたんですね。。。
素敵な女優さんでしたね。
たくさんのいろいろなシーンが想いだされます。
最後まで、とても配慮されて、いい猫生だったと思います。
てんこさんも、ご家族の皆様も、とてもお疲れでしょう。
心から、ご冥福をお祈りいたします。

ドロシー姐さんらしく病と頑張ったんですね。
凛としたドロシー姐さんとてんちゃんのやり取りに癒された日々が懐かしいです。
ドロシーちゃんありがとう
天国から愛しのてんちゃんをこれからも今迄通り見守ってあげてね。
てんこさんのお気持ちを思うと辛くなります。
飼い主がいつか迎えることと分っていても・・・

大女優ドロシーちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

ブログを拝見して、涙が止まりませんでした。
僕は、ドロシーちゃんと出会って2年くらいでしたが、
いつも楽しく拝見していましたし、いつも癒されていました。
てんこさんのお気持ちを察すると、言葉が見つかりません。
ドロシーちゃん、最期までよく頑張ったね。
ドロシーちゃん、本当に皆さんから愛されていましたね。
てんちゃんの気持ちを思うと、また切なくなります。
ドロシーちゃん、本当にありがとう。
心よりご冥福をお祈りいたします。

こんばんは

 案じていましたが・・・・
そうですか、旅だったのですね。
あちらでは楽しく痛みのない安らかな日々を過ごせますね。

遺されたものの寂しさは、わたしにも経験があるので痛いほどわかります。

合唱

肺が真っ白と聞いて・・・心配していましたthink

18年という歳月をともに過ごしてきたてんこさん一家の悲しみと寂しさを思うと・・・weep

ドロシーちゃんは痛みや苦しみから解放されて、虹の橋を渡って行ったと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

安楽死という選択は、どうも馴染みませんよね。

猫たちを見送っていて、何時も思うことはどこまでしてあげたら良いのか?良かったのか?です。

一緒に過ごした日々を想うこと・・・宝物ですよ。

ドロシーちゃん、いつも楽しく拝見させていただいておりました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

姉御とてんちゃんのやりとり、ちょっとお色気もあっていつも大爆笑でした。
痛みに耐え抜いて、解放され凛とした表情のドロシーちゃんは大女優です。
てんこさん御家族は、精一杯傍で看病して、ドロシーちゃんは虹の橋で、
感謝の気持ちに溢れていることと思います。

いつも明るく楽しませてくれた大女優、ドロシー姉さん
てんちゃんとのやりとりにたくさん元気をもらっておりました
辛い最期を溢れんばかりの愛情で見送られたご家族の想いは
間違いなく虹の橋を渡ったドロシー姉さんに届いていると思います
心よりご冥福をお祈り申し上げます

泣きそうです。。
ドロシー姉さん、天国へ旅立たれてしまったのですね。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
ドロシー姉さん、いろいろと楽しませてくれて有難う。
姿は見えないかもしれないけど、たまには実家(てんこさんち)にもどって家の中を徘徊するなり昼寝するなりしてくださいね。
ドロシー姉さんは完全な家猫(外に出さない猫)さんでしたっけ?
2年半前に、ウチのポチお嬢様を家族が見守る中、17歳半で亡くした少し前に英国に住む友達から聞いた説によれば、「死んだら天国に行く」説の他に「外に出さない家猫は自分の世界は自分の家しかないと思っているのと、(基本的に人間程利口ではないので)自分が死んでも気付かないでずっと家の中に住み続けている」という説があることです。
私、これ半分信じてまして、今でも自分の部屋にポチがよく寝てた小汚い座布団を捨てずに置いています。
ほんと、大切な家族(ペット)を亡くすと辛いですよね。

ドロシーちゃんのご冥福をお祈り申しあげます。
天国でもきっとおしゃれを楽しまれていることでしょう。

苦しそうにしているとき飼い主がすべきことは何なのか。。。
我が家の場合、苦しみから解放する方を選びましたが
果たしてそれでよかったのか今でもよくわかりません。
ドロシーちゃん、最期までよく頑張りましたね。
ドロシーちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

ドロシーちゃんにお別れのコメントをくださった皆様へ

本来なら一人ひとりにお返事を書かなければいけないのですが、改まった文章を書くのが苦手ですのでこの場にてお礼のメッセージを書かせていただきます。

ドロシーちゃんが地上での役目を終えて天国に召された後、家族は深い悲しみの中で無事にお別れを済ませました。

いつも寝起きを共にしていた娘はショックが大きいみたいですので、ペットロスに陥らないように気遣っております。

ドロシーちゃんのいたお部屋は、水の入れ物・食器類・いつも愛用していた敷物は今までどおり置いてます。
ハッピーのパパ様・かぴらら様・猫畑様のおっしゃるとおり姿が見えなくても今までどおり側にいてくれているものだと信じております。

沢山の方に愛されていたドロシー姉さんは本当に幸せな猫生だったのだと実感しております。
本当にありがとうございました。

合掌!
きっと天国のお花畑で走り回っていると思います。

なんて言葉をかけてよいのか悩み、今日に至ってしまいました・・・
ドロシーちゃんは、てんこさんご家族を始め、
こんなにもたくさんの方々に愛されていて、とっても幸せでしたね。
今はとてもお辛いと思いますが
てんこさんご家族がいつか笑顔に戻れますよう祈っております。。。
ご冥福をお祈り致します。。。

驚きました。ドロシーちゃん、旅立たれたのですね。
ふと、てんこさんのTwitterから、猫パラダイスのブログを読んで知りました。
てんこさんとご家族の気持ちを想うと胸が痛みます。
ドロシーちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ドロシーちゃんとっても凛々しい猫ちゃんですね(^^♪天国に召されたんですね!いいねありがとうね^0^

さのすけくんというワン子の名前ですか(?_?)可愛いですね(^^♪(゜))<<魚狙っていますね・・・が~ははは!内の庭にもミニトマト作っていますが~外にいるチャッピー君に食べられています(^^)/ワンコさん食べませんか(≧▽≦)ラッキーの着せ替え見てくれてありがとうね^0^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529964/61620956

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の風に乗って空に羽ばたく:

« 余生を見守るという事と、それなりの覚悟も・・・ | トップページ | 居座る最後の砦!? »